sun 元気に暮らす会

元気に暮らす会 相談員紹介

私たちが相談に乗ります。

新築やリフォームを計画したり業者選びをする前のモヤモヤを少しでも解消し、納得し、スッキリするためのご相談は私たちが対応します。どうぞよろしくお願いいたします。

矢作聡

写真1

総合住宅展示場の企画・運営に14年間携わる。外山義氏、高橋公子氏との出会いを経て、高齢者や障害者の向けの住まいづくりに関心を深める。

作り手、住まい手双方の橋渡し役として独立。バリアフリーリフォームのアドバイスを始め、社会的弱者向けのサービスや商品のサポート、住空間づくり、地域コミュニティづくりなど、活動は多岐にわたる。

[保有資格]
  • 福祉住環境コーディネーター2級
  • ホームヘルパー2級
  • 高齢者疑似体験インストラクター
  • 宅地建物取引主任者
  • 一女一男一犬の父。趣味はサッカー、テニス、スキー。イクメンの走りと自負。

Message

QOLという言葉があります。Quality of life の略語で、『生活の質』と訳され、人間らしく、自分らしく、どれだけ満足した生活が送れているかをとらえる概念です。医療や介護の現場では頻繁に使われている言葉ですが、たとえば病を得る前から、たとえば老い先が短くなる前から、誰もが自分や身近な人のQOLをもっと考えて良いのではないでしょうか。

QOLを考える上で最も重要なのが「住まい」です。超高齢社会に突入した日本ですが、老いる以前に自分や親の60代、70代、80代をイメージし、「老いても笑顔で暮らせる住環境」について、考えたり準備しておくことが望ましいと思います。

メール相談室では、障がいのある方や高齢者の住環境ついて、なるべくわかりやすく対応させていただきますので、どうぞ新築やリフォームする前の一助にしていただけたらと思います。

渡邊英和

写真2

福祉用具活用とバリアフリー改修工事で20年間にわたりご高齢者の住まい環境整備を手掛ける。ご本人とご家族の心身状況やケアプラン、住居建物の状態などから“ふつうの暮らし”を目指す活動を行ってきた。

ご利用者のアセスメント、住まい改修設計、工事管理、福祉用具の適合選定などが専門。現在はケアリフォーム技術を事業者に啓蒙する活動にも携わっている。活動は多岐にわたる。

[保有資格]
  • 福祉住環境コーディネーター2級
  • 福祉用具専門相談員
  • 建築施工管理技士
  • 増改築相談指導員
  • 社会福祉法人理事(特養ホーム、地域包括支援センター他運営)
  • リフォーム事業者団体理事(事業本部)

Message

介護が必要になる原因は、脳卒中や認知症のほか加齢に伴う“虚弱化”が多く、ふとしたことで転倒・打撲してのケガや持病の悪化が多くみられます。これらは住環境がもたらすもので、慣れた家で今までと同じ暮らし方をしていたからでしょう。

若い時は“家に合わせて行動”していたのですが、加齢に伴う身体の衰えを感じたら“行動に合わせた家”へと変えていくことも大切。

いつまでも我が家で暮らすには、早めに少しずつ“住まい環境の改善”をしましょう。例えば家具の移動だけでも効果があります。それで元気な暮らしが保てるのであれば、介護サービスや施設入所はまだまだ先になりますね。

早川大二

写真3

企画・デザイン会社で経験を積み、建築業専門プロモーション会社を設立。全国の地域に根ざす工務店やリフォーム店・エクステリア店の販売促進を手がけて約30年。その間、様々な場所、場面で出会った知名度は低くも想いと力のある地域の作り手と「日本の住環境を安全で楽しく豊かな暮らしができるように」と意気投合。

[保有資格]
  • 普通自動車免許しかありません。こよなくロックを愛し、もうすぐ結成45年の老舗ロックバンド、WHOTAのバンマスやってます。

Message

私が若いとき、結婚する前、住宅にはまったく興味がありませんでした。しかし、結婚し二人目の子どもが産まれたことでマンションを購入。買った時は“自分の家が待てた”という嬉しさが勝っていましたが、引っ越してしばらくすると子どもが二人とも喘息に。気密性はいいけど、空気環境に問題があったのです。

その後、年老いた両親を迎え入れることとなり、3世帯同居となりました。メゾネットタイプで部屋数もまあ多かったので、なんとかプライバシーは保てたのですが、両親、特に父には暮らしにくい住まいだったと思います。頻尿で足が悪い父、寝室の隣にあるトイレへの移動は、隣にあるのも拘らず廊下を回って通るので難儀でした。部屋数は多いけど動線にも問題がありました。

でも、一つ屋根の下、両親と子どもたちと僕ら夫婦の夕食は賑やかで、とても豊かな時間でした。子どもたちの情操教育、両親のやりがいや居場所、と同居のメリットも多かった。

こんな経験を自分自身がしたことで、安全で、優しくて、健康的で、快適で、そして心豊かで楽しくて笑顔あふれる暮らし、って本当に大事なんだなあ、って思うのです。でもそれは決して贅沢をすることではないと思います。

私自身は上のお二方のような専門家ではないので具体的なご相談はできませんが、この「元気に暮らす会」の主宰として、皆様のお役に立てるよう、元気に頑張っていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

元気に暮らす会の概要

名称 特定非営利活動法人 元気に暮らす会
法人番号 10200050142316
住所 横浜市金沢区長浜2-10-22-102
代表理事 早川大二
電話 045-567-2289
E-mail info@genki-kurashi.com
URL http://www.genki-kurashi.com
設立 令和元年6月24日
設立認証通知書